キーワードやリンク

Yahoo! SEO
濃い味のヤフーSEO(Yahoo!)
ヤフーSEOを始める!
ヤフーSEO始め!(Yahoo)
濃い被リンク
被リンク〜SEO
発リンクのSEO対策
ホームページ発リンク
キーワード出現頻度
キーワード出現頻度〜ヤフーSEO
情報リンク
ホームページ〜Links
SEO分散理論
SEO分散理論
Yahoo!検索エンジンの変遷
ヤフー検索エンジン(Yahoo!)の変遷
ホームページ検証人の考え
ホームページ検証人による、ヤフーSEO♪
SEOの質問♪
SEO質問掲示板〜Yahoo


E-Mail E-Mail

キーワードやリンクによるヤフー(Yahoo)SEO



ヤフーの検索エンジン(Yahoo! Search Technology)へのSEOでカギとなる?
リンク”と”キーワード”についてご説明します。


最も重要なことだということで……ここの題名キーワードもいろいろと迷いました。
たとえばですが、『被リンクによる、Yahoo! SEO』とか^ ^
こちらはキーワードにより、「どんなホームページ?」かを知らせる部分であり、ページの内容に合わせることが重要です。(自分のところに来てもらうためにも。)
ただし、これは’人’が見る部分。
YahooへのSEO対策ではリンクとしての評価など〜注意することが多く鑑み方はややこしい。。。

被リンクをしてもらう時、どんなキーワードやリンクですか?

たとえば、『Yahoo!SEO対策には〜キーワードと被リンクのチェック?』ならページの内容に合っているし、GOOGLEの検索結果を見た人にもわかりやすく興味が出るでしょう。 
ではページの内容はいいとして、こちらの題名がもし『キーワードとリンク!』だったら… yahoo SEOとしても効果は薄そう。
あまり意味がありません。。

しかし、これは’人’が見た場合の話であって、SEO対策の評価では良い場合があります。
(サイトのページを見るYahoo! は’人’ではありませんので注意して下さい〜)


説明すると…”キーワード”と”リンク”って単語が、そのページの中で優先順位第一/第二とすれば、前者ですとその他のキーワードである「Yahoo!SEO対策」って言葉に検索エンジンの評価が分散してしまう…
この理論は、SEOに欠かせない!

被リンクや文章、そしてキーワードの出現頻度など、ホームページの二大検索エンジンの評価に関する大切?な分散理論。
こちらは『濃い味のYahoo SEO』でもよく登場する・・・
『‘SEO対策の最たるもの’というのはキーワードとリンクです!』
(これの評価はともかく、内容については何卒ご寛容のほどを…)

あなたは、「A」「G」「J」と三個のキーワードにて集客を狙ってる。
それぞれ一つのキーワードでは、強豪ライバルが上位を占め、「AG」「GJ」「AJ」の組み合わせでも上位になるのは難しいとします。
こういったケースでは、やはり消去法^ ^
とりあえず、絶対無理そうな(笑)「A」と「G」を消去!
残るは、「J」と「GJ」「AJ」


キーワードやリンクの決め方はこう。
評価を考えると、前述のように、”人の目”と”検索エンジンの目”の2つを意識ね。


「A」や「G」が超人気なわけで、どうしても入れたい! (目立つし♪)
ってことで、”人の目”的には『AによるGとJの検証…』とかいう題名にすることになります。
「でもそれだとAとGにパワーが分散するだろう! せっかくJに絞ったのにー」
確かにそうです♪
しかし、「GJ」と「AJ」という組み合わせがある 限り、「A」と「G」を完全に削除することは出来ない。
分散理論で言えば、出来得る限り余分なキーワードは捨てるべき。
ただ、題名については、そこまで神経質になる必要はありません。
(むしろおもろい感じ&オリジナリティを考えて下さい!)

今度は、”被リンクのチェック” こちらは現在のSEO対策では大切なので神経を使ってください^ ^
(最近のYAHOOやGOOGLEの検索結果を見たらわかります)

上記で決めた、「J」と「GJ」と「AJ」をめいっぱい強めましょう!
※ ”被リンク”をしてもらう場合、大切な一つは’場所のチェック’ (『濃い被リンク』ページの内容を参照)


そして、リンクをしてもらうキーワード!ですがそのままというのもありです…
極端な話「J」がテーマなら⇒ 『J』 (笑)
ここで仮に、『Jについて〜GJやAJ』とした場合、当然ながら「G」と「A」にパワーが分散します。
その代わり、「GJ」と「AJ」も検索エンジンに評価を付けられるわけです。


つまり、あなたがYahoo!検索エンジンで呼び込みたいお客さんたちが、検索するキーワードに絞って選ぶのがBESTね♪
ただし、あまり絞りすぎると、「ここは’Jのみ’に関するホームページだな!」と検索エンジンに評価されてしまいますから注意して下さい。関連キーワードがどうなるか…^ ^


とにかく、欲張って詰め込みすぎるのは禁物。
おともだちのホームページには『J』、相互リンク集とかに登録するほうには『Jについて〜GJやAJ』という風に、”被リンク”を使い分けるのも手!


どうしても、たくさんの(幅広い)キーワードで集客したい時は、別に分けてホームページ制作していくことがSEO対策の効果をより高める方法となります。
これは、”密度”的にも有効。
一部の場所で、主張したい単語があまりにも頻出すると全体的によくないでしょう?
ヤフー検索エンジンに対しては、「濃い味すぎず、薄すぎない〜♪」ことが重要です。
あなたのSEO対策を思ってるよりも見てるのよーーYahoo!の検索エンジンって^^

お話変わって、”META(メタタグ)キーワード”によるSEOの効果です!!たとえば・・・・・
meta name="description" ⇒ キーワードやリンクによるYahooのSEOをご説明します…
meta name="keywords" ⇒SEO,キーワード,被リンク…
ここのdescriptionは、「説明文」で、keywordsはそのまんま入れるだけ!


こちらですが、YahooのSEOの分散理論から言っても、重要なものだけに絞りましょう?
ただ、Yahooの検索エンジンに表示された時に出てくるので、順位が前後のライバルたちより魅力的な説明文にしておかなければなりませんよ。

最後になりましたが、重要なキーワードをソースの上部に書く!ということ。
しかし、そこで問題が…


よくある左側メニューでのリンクのSEO対策だと、それらのキーワードがソースの上部に来てしまう。
確かに、矛盾してしまう部分ですが、こうも考えられる。
サイト内部の各ページに”リンク”のパワーを送っている。情報はいろいろありますが・・・・・・・
まぁ、これはどっちもどっちですね^ ^


質問は、[ E-Mail ]や『質問掲示板(Yahoo!SEO以外も)』をお使いください♪

サイトMENU
>>Yahoo!SEO >>ヤフーSEOを始める! >>被リンク >>発リンクのSEO対策
>>キーワード出現頻度を調べる >>ホームページの情報リンク >>分散理論
>>ヤフー検索エンジン(Yahoo!) >>ホームページ検証人…

↑TOP↑

Copyright 2007〜 All Rights Reserved /