SEO分散理論

Yahoo!SEO〜TOP
ヤフーSEO(Yahoo)
ヤフーSEOを始める!
ヤフー(Yahoo)SEO始め!
被リンクによるSEO
被リンク〜SEO
発リンクのSEO対策
ホームページ発リンク
キーワード出現頻度
を調べる
キーワード出現頻度〜SEO
キーワードやリンクによる
SEO
キーワードやリンクのSEO
ホームページの情報リンク
ホームページ〜Links
ヤフー検索エンジンの変遷
Yahoo?
ヤフー検索エンジンの変遷(Yahoo)
ホームページ検証人の考え
ホームページ検証人によるSEO
SEO質問掲示板♪
質問掲示板〜SEO(Yahoo!)


E-Mail E-Mail

「SEO分散理論」をまとめる


濃い味のヤフー(Yahoo!)SEO』でもよく出てくる理論ですが・・・
これはつまり、評価を上げるために出来るだけパワーを分散させずにSEOの対策をすること!
(リンクにもキーワードにも関係することです)


さて、「分散理論」って、かっこいい名前を付けた割りに子供でもわかる理論^^
たとえばこれはリンクなどでも大量にやると”分散”してしまいSEOのパワーが落ちることがある〜 なぜか順位が上がらないのです。。

このことを、それぞれに照らし説明していきます。


◎発リンクと被リンク◎

まずは、”リンク数”が増えすぎることによるSEOにおけるパワーの分散です。
たとえば、本ページからあなたのホームページへリンクするとしましょう。
(あなたから見れば、リンクを受けることになります!)


現状、わたしのホームページは数十ページってとこかな。(調べてもらえば一目瞭然ですね〜)
そうすると、”発リンク”はそれほど多くないほうだ。
仮に、あなたのホームページが「SEO」や「分散理論」に関係したものだとしたら〜
こちらからのパワーの伝わりは相当なものになるはず基本的に。
(※ そのほかの要素は考えないものとして)


「Yahoo!」と「SEO」に関してとっても’内容が濃い’わたしのページにて、「同じような内容のホームページがありますよ〜!」とあなたを強く紹介してる感覚。
検索エンジンはそのように評価をすると思われるのです。
あなたとしては、自分のホームページの評価(順位など)が上がりよいことでしょう!


では、”発リンク”が1ページに100個以上あったらどうでしょう?
(わたしが、いろんな所と大量に相互リンクなどをしたとして^ ^)
ヤフーなどの検索エンジンはこう考えるでしょう。
「確かに関連性の濃いページ同士だけど、100以上もリンクを貼ってるし、評価を分散しなければ…」とね。
つまり、あなたのホームページへ行くはずのSEOのパワーが分散して小さくなっちゃう。。


”被リンク”や”相互のリンク”と言うのは、SEOで一番の重要理論です。
パワーを、分散させずに’濃い’まま受け取るための工夫が必要となります♪

◎発リンクのページ位置◎

リンクを受ける場合、あなたは何を基準にその相手先を決めてる?
ほとんどの方はこうでしょう〜
「Yahooなどの検索エンジンの上位に出てくる、見た目も立派で、たくさんのホームページが登録されてる…」
(笑)
否定はしませんが、それで濃いパワーが来てますか?


《相互リンクなどの相手先の選び方♪》
・何らかの人気キーワードにて上位に位置しているホームページはベター
・見た目は直接関係ありません
・多くの登録があれば良いというのは間違い


これは”分散理論”で説明出来ます。
たくさんの登録があるのは、’相互リンク集’としては大変優秀であります。
SEOで考えると、そのTOPにでも載せてもらえば、すごいパワーを受けられるかもしれません。
(前述のように、そのほかのページへのリンクが多ければ、それだけ評価は分散してしまいますが)
しかし、あなたのホームページが載るのは99%以上の確率でTOPではない…
問題なのは、あまりにも深い層のページに載ること。


’深い’と言うのは、TOPページからの「位置(距離)」のこと。
TOP⇒1⇒2⇒3ページ…
さらに膨大なページ数の場合、 1-a⇒1-b⇒1-c/2-a⇒2-b⇒2-c/…
などとね!


もうおわかりでしょう、位置が深いのは不利です。
TOPがどんなに優秀でも、深いページとなればパワーは分散(減衰)するのが基本なのです。
また、規模の大きなものは必然的に”サイト内部の発リンク”(メニューなど)も多い。
と言うことで、「なんでも見た目で判断してはいけません」 (笑)


基本的に、「被リンクや登録数の多いサイトは優秀である確率が高い!」
しかし、「多くなればSEOのパワーが分散する…」
相互リンク集なども評価はいろいろです。見極めるには相当な訓練が必要となりますよ〜

◎キーワード関連◎

初心者が最初のころに力をいれるのが”キーワード♪”
題名や文章に、リンクテキストやMETA(メタタグ)など…
これらにもこの理論は当てはまります。

※ 悪い例として見てね !
題名:『ヤフー(Yahoo)のSEO♪そして被リンクチェックとキーワード出現頻度などを調べる〜質問掲示板までありますよ〜抜群の実績!とにかくすごい!優秀ねっ!』


これは分散理論以前の問題ですが(笑)、言いたいことはご理解出来ますよね?
このホームページで最も訴えたいキーワードは、「SEO」と「分散理論」でしょう。
もちろん、「Yahoo」についてや「質問掲示板」なども宣伝したいとは思いますが、「分散理論のページ♪」としての評価は確実に落ちます。
(これは”METAタグ”でも同様)

また最近のGoogleの評価についても紹介しますと・・・?!
『Yahoo!へのSEOで検索の順位が上がらないのなら⇒分散理論におまかせ〜♪ ヤフーの検索エンジンに対するSEOって難しい?』
これも評価が分散するだけです。同じキーワードを複数入れたところで無駄。。(よい場合もあります)

◎H1/H2やstrongタグ◎

すぐ上に書いたことと理屈は同じです^ ^
”H1/H2タグ”や”strongタグ”も、詰め込みは禁物!
一例を説明いたしましょう。


本ページでは、「SEO」と「分散理論」に”strongタグ(強調)”を使用。
なぜって?
上記2つのキーワードに関することを第一に訴えてるページだからです。
”H1/H2タグ”や”strong”はYahoo!に対して「これがテーマです!」と言ってるようなもの。

「では、サイトの評価を上げるために・・・いっぱい使用して強調しよう〜!」 (←慌てるな♪)

もし、上記2つ以外にも”strong”を使用すれば、「ん〜、何がテーマなんだ??」と検索エンジンの評価を迷わすことにもなります。。

検索エンジンに気に入られるカギ?となるのは、”分散”ではなく”集中”
これは、ホームページ内のテーマ数なんかにも当てはまる。
パワーの分散を防ぐためには、別に分けて個々にホームページをやりましょう!
幅広く、「いろんなキーワード♪」で集客したいのはよくわかります。。
しかし、何でも詰め込みすぎれば評価が分散してしまうことをお忘れなく〜

サイトMENU(見てね!)
>>Yahoo SEO〜TOP >>ヤフーSEOを始める! >>被リンク >>発リンクのSEO対策
>>キーワード出現頻度を調べる >>キーワードやリンクのヤフーSEO
>>ホームページの情報リンク >>ヤフー検索エンジン(Yahoo!)の変遷
>>ホームページ検証人…

ご質問やご要望^ ^などありましたら、『SEO質問〜』や左上にある[ E-Mail ]にてどうぞ!
ご遠慮なくお申し付けくださいませ♪

↑TOP↑

Copyright 2007〜 All Rights Reserved /